お家

海外不動産投資は専門家のサポートが不可欠|セミナーに参加しよう

投資用マンション

集合住宅

不動産相場の回復に伴い、投資用マンションの人気も高まっています。特に投資用ワンルームマンションは、サラリーマンでも無理なく保有できることから、需要が多いものです。特に新築ともなれば、頭金をほとんど必要としない物件もあります。サラリーマンならば住宅ローンを無理せずに組めますし、毎月の返済も家賃収入で賄うことができます。また投資用ワンルームマンションは単身者の借り手を探すことになりますが、立地によっては学生などが多いことから賃貸需要も高いものとなります。マンション経営は空き部屋となるリスクをいかに抑えるかがポイントですが、ワンルームマンションならば、そのような心配もそれほどいらないというわけです。

投資用マンションを運営するために大切なことは、いかに家賃の利回りを高めるかになります。と言っても相場より高い家賃設定とすると、借り手がつかない可能性もあります。そこで、投資用ワンルームマンションを探す際には周辺の家賃相場を調べて、利回りの高い価格となるかをチェックする工夫が必要です。また、長期にわたって保有するならば、メンテナンス費用をかけないことも大切です。そのためには、物件の構造なども確認することが大切です。外壁の耐久性はどの位か、大規模修繕にはどの程度の予算を予定しているかなどを調べておくと便利です。また、室内は湿気がこもらないように空気が流れるかもチェックしたいところです。投資用ワンルームマンション選びには細かくチェックすることが大事です。